コンテンツにスキップする

NY連銀レポオペ、応札が予定額下回る-ディーラーの限界接近を示唆

  • 予定額350億ドルに対しプライマリーディーラーの応札額は180億ドル
  • 年末に向けたタームレポで応札額が予定額を下回ったのは3回連続

ニューヨーク連銀が26日、金融システムへの年末の流動性供給を目的に実施した公開市場操作(オペ)で、応札額が予定額を下回った。プライマリーディーラー(政府証券公認ディーラー)のバランスシートが限界に近づいている可能性が示唆された。

  同連銀は14日物タームレポ(米国債などを担保に資金を供給する買いオペ、満期2020年1月9日)を実施。プライマリーディーラーからは180億ドル(約1兆9700億円)の応札があり、予定額の350億ドルを下回った。年末の資金繰り対応のためのタームレポで、応札額が予定額を下回ったのは3回目。

  米金融当局によるこれまでの供給額は計約2030億ドルとなり、来週にはさらに最大2600億ドルを供給する可能性がある。

  ジェフリーズのマネーマーケットエコノミスト、トーマス・サイモンズ氏は、年末に十分な流動性を供給できるかどうかは米当局が十分なレポ取引を行うだけでなく、プライマリーディーラーがより広い市場に流動性を伝達することにもかかっていると指摘した。

  プライマリーディーラーを務める金融機関がバランスシート上の限界に達するような状況となれば、そうした資金仲介が困難になる可能性もある。

原題:Fed’s Repo Op Is Undersubscribed, Suggesting Dealers at Capacity(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE