コンテンツにスキップする

中国初の国産空母「山東」、台湾海峡を航行-台湾は来月に総統選

中国初の国産空母「山東」は26日、台湾海峡を航行した。台湾では約3週間後に総統選挙が実施される。

  台湾国防部(国防省)がウェブサイトに情報を掲載した。中国当局が山東を台湾海峡に派遣し、通過させたのは先月に続いて2回目。AFP通信によれば、中国は先月の航行について通常の訓練だと説明した。

China's First Domestically-built Aircraft Carrier Begins Its Ninth Sea Trial

大連の造船所を離れる中国の空母「山東」 11月

Photographer: Wang Xizeng/VCG via Getty Images

  台湾では1月11日に総統選と立法院(国会)選挙が行われる。総統選では現職で独立志向の蔡英文氏(与党・民主進歩党)が、中国寄りの韓国瑜高雄市長(野党・国民党)らと争っている。

  台湾や南シナ海に対する領有権を主張している中国は、それを守ろうと海軍のプレゼンス強化を図っている。

原題:
Chinese Aircraft Carrier Shandong Sails Through Taiwan Strait(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE