コンテンツにスキップする

12月の東京消費者物価0.8%上昇、伸び拡大-市場予想上回る

更新日時
  • ガソリン価格や宿泊料、上下水道料などの上昇が寄与
  • 生鮮食品とエネルギーを除くコアコアCPIは0.9%上昇

全国の物価の先行指標となる12月の東京都区部の消費者物価指数(生鮮食品を除くコアCPI)は前年比0.8%上昇と前月から伸び率が拡大した。市場予想を上回った。上昇は30カ月連続。ガソリン価格や宿泊料、上下水道料などの上昇が寄与した。総務省が27日発表した。

        

キーポイント

  • 東京都区部コアCPIは前年比0.8%上昇(ブルームバーグの予想中央値は0.6%上昇)-前月は0.6%上昇
  • 生鮮食品とエネルギーを除くコアコアCPIは0.9%上昇(予想は0.7%上昇)ー前月は0.7%上昇
  • 総合CPIは0.9%上昇(予想は0.9%上昇)-前月は0.8%上昇

             

東京都区部CPIの推移

詳細(総務省の説明)

  • 消費増税と教育無償化など制度要因を除いたコCPI上昇率は0.5%、コアコアは0.6%
  • コアCPIの前月比上昇は、ガソリン価格、宿泊料、上下水道料などの上昇が背景
  • 上下水道料の上昇は、消費増税の経過措置で東京都の水道料が12月分から上乗せされたため
  • ガソリン価格の前年比上昇は今年5月以来

背景

  • 原油価格が上昇基調の推移を続ける中で、これまで消費者物価の押し下げ要因となっていたエネルギー価格の影響も一服する見込み
  • 10月からの消費税率引き上げや幼児教育無償化など制度要因を除いた消費者物価は横ばい圏で推移
  • 日本銀行の黒田東彦総裁は19日の金融政策決定会合後の記者会見で、物価安定目標に向けたモメンタム(勢い)が失われる恐れが高まってはいないと認識を示す一方、「経済・物価の下振れリスクには注意が必要な情勢が続いている」と発言
(キーポイントとチャート、詳細を追加して更新しました)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE