コンテンツにスキップする

中国当局、より透明で公正な債券デフォルト処理目指す-シンポジウム

更新日時
  • 人民銀や証監会など当局者が裁判所介した係争の解決策について議論
  • 今年の債券デフォルトは18年に記録した年間最高を既に上回っている

中国の金融規制当局者らは、今年の債券デフォルト(債務不履行)が過去最高水準になったことを受け、世界2位の規模である同国債券市場に対する投資家の信頼を取り戻すためデフォルトの処理をより透明で公正にするよう求めている。

  中国人民銀行(中央銀行)のウェブサイトに掲載された発表資料によれば、人民銀や証券監督管理委員会(証監会)、最高人民法院(最高裁)などの当局者らは北京で24日に開かれたシンポジウムで、債券デフォルトに関する裁判所を介した係争の解決策について議論した。

  ブルームバーグのデータによると、中国本土の債券デフォルトは今年1300億元(約2兆円)を突破。2018年に記録した年間記録(1220億元)を既に上回っている。

関連記事
今年2兆円超えた中国本土債不履行、当局は対応改善探る-金融時報


原題:China Vows to Improve Bond Handling as Defaults Hit Record (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE