コンテンツにスキップする

ブラジルのボルソナロ大統領が退院-公邸の浴室で転倒し入院

  • 転倒後一時的に記憶を失ったが、その後回復-ボルソナロ大統領
  • 頭部スキャンで異常は見つからなかった-大統領府

大統領公邸の浴室で23日に転倒し入院していたブラジルのボルソナロ大統領が24日、退院した。

  同国大統領府の声明によると、ボルソナロ大統領(64)は首都ブラジリアの軍病院に一晩入院し、約10時間にわたって経過観察を受けた。

  ボルソナロ大統領は24日、ブラジルのテレビ局「バンデイランテス」とのインタビューで、転倒後一時的に記憶を失ったが、その後回復したと語った。大統領府によると、頭部スキャンで異常は見つからなかった。医師からは退院後に自宅で静養するよう勧められたという。

原題:
Bolsonaro Discharged From Hospital After Losing Memory in Fall(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE