コンテンツにスキップする

東京地検が秋元司衆院議員を逮捕、IR巡り約370万円の収賄容疑

更新日時
  • 秋元容疑者は「不正には一切関与していない」とツイート
  • 現職国会議員逮捕は2010年以来、IRは着実に進めると菅官房長官

東京地検特捜部は25日、自民党衆院議員の秋元司容疑者(48)を収賄容疑で逮捕した。カジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業への参入に関心を寄せていた企業の役員らから賄賂を受け取った疑い。秋元容疑者は2017年8月から18年10月までIRを担当する内閣府と国土交通省の副大臣を務めていた。

Tokyo District Public Prosecutors search LDP lawmaker

秋元司衆院議員

  東京地検は贈賄側の3人も同日逮捕した。発表文によると、秋元容疑者は17年9月下旬ごろ、東京都内で現金300万円を受け取ったほか、18年2月中旬ごろ、妻子と共に北海道旅行に招待され、航空運賃や宿泊代など計約70万円相当の利益供与を受けた疑い。地検は贈賄側の企業名を公表していないが、共同通信は広東省深圳市に本社を置く中国企業と報じている。

  IRを巡っては大阪府・市、長崎、和歌山両県、横浜市などが誘致に名乗りを上げているが、検討していた北海道の鈴木直道知事は11月に区域認定申請の見送りを表明。横浜市などでは反対運動が起きている。秋元容疑者の逮捕は、IR事業そのものへの影響にとどまらず、安倍晋三政権にとっても打撃となる。

  秋元容疑者は25日午前、ツイッターに「私は、不正には一切関与しておりません。そのことは、引き続き主張してまいります」と投稿した。共同通信によると、秋元容疑者は同日、自民党に離党届を提出、受理された。

  菅義偉官房長官は午前の記者会見で、秋元容疑者逮捕の報道についてコメントを求められ、「捜査機関の活動内容に関わる事柄であり、差し控えたい」と述べるにとどめた。IR事業への影響については「できるだけ早期に整備による効果が実現できるよう着実に進めたい」と語った。来年1月にカジノ管理委員会を設置する予定に変更はないとの認識も示した。

  立憲民主党の安住淳国対委員長は秋元容疑者の逮捕について「構造的な問題だ、国会で厳しく追及していきたい」と述べた上で、「カジノやギャンブルで地域おこしをやる、経済を活性化するという安倍内閣の方向は大きく間違っている」と記者団に語った。同党が安住氏の発言動画をツイッターに投稿した。

  秋元容疑者は衆院議員秘書、参院議員を経て12年から衆院議員。衆院内閣委員長、国土交通、環境、内閣府の副大臣などを歴任している。東京15区選出。現職国会議員の逮捕は10年1月の石川知裕衆院議員(当時)以来となる。

(東京地検の正式発表を受け、野党幹部のコメントなどを追加し、更新しました.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE