コンテンツにスキップする

ドル・円は109円40銭付近、海外クリスマスでこう着-北朝鮮動向警戒も

更新日時

東京外国為替市場のドル・円相場は1ドル=109円40銭付近で推移。クリスマスのため海外市場のほとんどが休場、市場関係者からは北朝鮮動向を警戒する声が聞かれるものの、相場はわずか7銭の値動きにとどまった。

  • ドル・円は午後3時6分現在、前日比ほぼ横ばいの109円40銭
  • ユーロ・ドルはほぼ横ばいの1ユーロ=1.1087ドルで、レンジは1.1090ドルから1.1081ドル
クリスマスで動意薄

市場関係者の見方

三菱UFJ銀行の平井邦行上席調査役(ニューヨーク在勤)

  • 気になるのは北朝鮮のクリスマスプレゼントだが、そこで変なネガティブなニュースさえなければ、ドル・円は基本的には動かない
  • ネガティブなニュースが出ると、流動性がない状態なので円高方向の動きに注意が必要

クレディ・アグリコル銀行の斎藤裕司外国為替部長

  • 一応五・十日(ごとおび)なので仲値では一部持ち込みはあったようだが、きょうは当日決済物がないので、通常なら東京市場はこのままクローズにかけてさらに取引が閑散となるだろう

りそな銀行市場トレーディング室クライアントマネージャーの井口慶一氏

  • 年末年始の円高リスクはないとは言えないが、今年のフラッシュクラッシュを見た後で、国内輸入企業のドル買いオーダーを預けて長期休暇に入るはず。実際、107-105円ぐらいにオーダーが集まり始めており、1月3日のように何円も動くことは考えにくい
  • 米中も署名すると言っているし、想定外のニュースも思いつかない

背景

  • トランプ米大統領は24日、北朝鮮が「何かしてくれば、対応する」と言明
    • 北朝鮮は3日、トランプ政権が年末までに非核化交渉での譲歩という要求に応じなければ「クリスマスプレゼント」を準備していると警告
    • NBCニュースによれば、北朝鮮は大陸間弾道ミサイル(ICBM)製造に関係する施設を拡大している
  • 中国税関総署は25日、米国産品600億ドル(約6兆5600億円)相当の関税免除申請を審査していることを発表
  • トランプ大統領は24日、中国との貿易取引は「成立」しており、「署名式を行うことになる」と述べた
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE