コンテンツにスキップする

蘭キアゲン株急落、独立性維持の方針決定で-売却先候補との協議終了

  • 複数の相手から買収の関心への表明があったと11月中旬に公表
  • 現行の独立企業での運営が「今後の価値創出をもたらす最善の機会」

24日の米株式市場でオランダの分子診断会社キアゲンの株価が時間外取引で一時26%急落した。提案に「魅力がない」として売却先候補との協議を終了し、独立企業としての存続を決めた。

  キアゲンは11月中旬、複数の相手から同社買収への関心の表明があり、戦略的代替案を検討していることを明らかにしていた。同社は24日の発表文で、現行の独立企業での事業計画実施が「今後の価値創出をもたらす最善の機会」だと説明した。

  株価はクリスマス前日の短縮取引終了後に一時30.50ドルに下落。これは米サーモフィッシャーサイエンティフィックが買収の可能性についてキアゲンに打診したとブルームバーグ・ニュースが最初の報じる前の水準より低い。キアゲンは報道の2日後に戦略的見直しを明らかにした。

  サーモフィッシャーにコメントを求めたが、現時点で回答はない。

Qiagen opted to go alone after review of interests

原題:
Qiagen Slumps on Decision to Stay Independent After Approaches(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE