コンテンツにスキップする

康京和外相、徴用工判決を巡る日本の立場に「強く反論」-韓国外務省

韓国外務省は24日、康京和(カン・ギョンファ)外相と茂木敏充外相との会談を受けて、韓国最高裁の徴用工判決を巡る茂木外相による日本の立場の表明に康外相が「強く反論」したとする声明を発表した。日韓は判決の「問題解決」のため対話と協力を続けることで一致したとしている。

  声明によれば、日本の経済産業省が最近、韓国向け輸出管理の厳格化措置を一部緩和したことについて、康外相は「多少の進展」とする認識を表明。協議を通じて最終的にはできる限り早急に措置の撤回につなげるべきだとした。

  日韓はまた、米国と北朝鮮の非核化協議の再開に向けて米国との協力を続けることでも一致したという。

    原題:S. Korea and Japan Foreign Ministers Clash Over Labor Ruling(抜粋)

      最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE