コンテンツにスキップする
Photographer: jxfzsy/iStockphoto
cojp

「ストックピッカー」は死なず-ティー・ロウ運用資産1兆ドルが示唆

  • 運用資産額は109兆円強と、2010年代初めの約4000億ドルから拡大
  • ティー・ロウは運用資産額の約3分の2を退職年金関連商品が占める
RF markets data trader trading etrade
Photographer: jxfzsy/iStockphoto

成長銘柄を見いだして投資する「ストックピッカー」は、ウォール街で長年支配的地位を占めてきたが、今は苦境にあるかもしれない。しかし、アクティブ運用の投資信託という伝統的スタイルのチャンピオンが、コストの安いインデックス連動型運用に常に負けるとは限らない。

  創業82年の老舗で、米株の中から傑出する銘柄と出遅れそうな銘柄を選別する能力で定評のあるティー・ロウ・プライス・グループは、数少ない勝者の一つだ。

  ティー・ロウの運用資産額は1兆ドル(約109兆4000億円)強と、2010年代初めの約4000億ドルから拡大。フランクリン・リソーシズやレッグ・メイソンなど同業他社が資金流出と収入減に見舞われる中でも、長期の強気相場に乗り遅れずにいる様子がうかがえる。

  「ゆっくり金持ちになる」を非公式なモットーに掲げるティー・ロウは、上場投資信託(ETF)の税制上のメリットが生かされない分野で地位を確立し成功した。

  ティー・ロウは運用資産額の約3分の2を退職年金関連の商品が占める。1974年に確定拠出年金プラン向けに投資信託の提供を開始した同社は、今では401kの記録関連業務(レコードキーピング業務)を行う運営管理機関の上位10社に入る。

  投信調査会社モーニングスターのアナリスト、グレゴリー・ウォーレン氏は「市場のニッチ部分に集中すると早くから決めたことが明らかに役立った。投資パフォーマンスへのひたむきな姿勢と共に彼らは歴史的に見て多くの正しいことを行った」と指摘した。

T Rowe stock has outperformed its rivals

Upward Trajectory

T. Rowe's assets under management are growing despite industry hardship

Source: Company filings

Note: Legg Mason reports on a fiscal year basis ending in March. Franklin Templeton reports on a fiscal year basis ending in Sept. T. Rowe data expressed on a calendar basis.

Diverging Paths

T. Rowe gathers revenue, while rival Franklin Templeton falls

Source: Bloomberg data

Note: Franklin Templeton reports on a fiscal year basis ending in Sept. T. Rowe data expressed on a calendar basis.

原題:T. Rowe’s $1 Trillion Answer to Claims Stock-Picking Is Dead(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE