コンテンツにスキップする

リフト株、一時5.6%安-新規顧客の伸びが鈍化とキーバンク指摘

  • リフトとウーバーの新規顧客合計が初めて前年同期比減とキーバンク
  • ユースケース拡大できない限り利用客数と支出の伸びはかなり鈍化も

配車サービスの米リフトの株価が、23日の米株市場の取引で一時5.6%下落し、5日以来の大幅安となった。

  キーバンクが新規顧客の伸び悩みについて、ライドシェア市場が飽和しつつあり、ライバルのウーバー・テクノロジーズが抱える問題からリフトが得てきたプラス効果が薄れつつある可能性を示唆すると分析した。

  アナリストのアンディ・ハーグリーブス氏はリポートで、キーバンクのデータセットによると、7-9月(第3四半期)のリフトとウーバーの新規顧客の合計が前年同期比2%減少し、初めて前年同期を下回ったと指摘した。

  ハーグリーブス氏は「リフトがユースケースを拡大できない限り、利用客数と全体の支出の伸びはかなり鈍化する可能性があるが、それは難しいとわれわれは考えている」と説明した。

  ブルームバーグ・データによれば、リフトの投資判断は「買い」が27件、「ホールド」が9件、「売り」が2件となっており、目標株価の平均は68.09ドル。

    原題:Lyft Drops as KeyBanc Sees New Customer Growth Slowing(抜粋)

        最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE