コンテンツにスキップする

中国の李首相、的を絞った預金準備率引き下げ方針表明

中国中央テレビ局(CCTV)によると、李克強首相は中小企業の全体的な借り入れコスト引き下げに向け、政府が市中銀行の預金準備率の引き下げを続ける考えを示した。

  李首相は23日に成都で地元民間金融機関を訪問した際、政府が預金準備率引き下げを続けるとともに、中小企業の全体的な借入コスト低下に向けた再貸付・再割引の枠拡大などの措置を検討すると述べた。

  市場では中国人民銀行が地方債発行の増加や春節連休を控えた資金需要増加で発生し得る流動性逼迫(ひっぱく)を抑制するため、1月に金融システムへの資金供給を増やすとの観測があり、首相のコメントはこれに沿ったものだ。以前にも首相が預金準備率引き下げに言及した数週間後に人民銀が実行した経緯がある。

原題:
China’s Li Vows More Funding with Targeted Reserve-Ratio Cuts(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE