コンテンツにスキップする

米国株、2020年に調整迎える確率50%-バンガードのデービス氏

米国株が来年に売りを浴びるリスクは通常よりも大きいと、バンガード・グループの投資戦略責任者、ジョセフ・デービス氏は分析。経済が盛り返すと投資家は過信していると指摘した。

  バンガードのチーフエコノミストを兼任するデービス氏は、「金融市場は先走りのリスクを冒している」と20日のインタビューで指摘。2020年に調整が起こる確率を50%とみている。同氏によれば、より典型的な数字は約30%。

  相場が10%下落すると、調整と見なされることが多い。S&P500種株価指数は2018年12月以降、そのような下げを経験していない。当時はピークからの下げ幅が20%に迫り、弱気相場入り寸前となった。

  投資家は今年、リセッション(景気後退)の可能性に関してあまりにも悲観的だったが、来年にはリフレーションに関して過度に楽観的になると、デービス氏は予想。米国株のボラティリティーが「持続不可能なほど低い」水準から上昇するとも見込んでいる。

S&P 500 estimated P/E ratio is on the higher end historically

  同氏は「全般的に、リターンは大半の戦略で過去3年の実績を下回ると予想されている」と説明。リスク資産は3%近い米経済成長率を織り込んでいるとデービス氏は試算するが、そのような成長が実現する可能性は低いと同氏は考えている。バンガードの運用資産は5兆6000億ドル(約612兆円)で、パッシブ運用や指数連動型の運用で知られる。

原題:
Stocks Face 50% Odds of Correction in ‘20, Vanguard’s Davis Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE