コンテンツにスキップする

安倍首相、習主席に香港と新疆ウイグル自治区に関する懸念伝える

安倍晋三首相は23日、中国の習近平国家主席と会談し、香港情勢を非常に懸念していると述べるとともに、中国に引き続き自制するよう促し早期解決を望むと表明した。外務省の大鷹報道官が明らかにした。

  新疆ウイグル自治区については、国際社会が多大な懸念を抱いていると伝えた。安倍首相は中国政府が透明性を持って自らの行動を説明できることを望んでいると大鷹報道官が述べた。

  一方、習主席は会談で、中国と日本は重要かつ微妙な問題を適切に扱うべきだとコメントした。中国中央テレビ局(CCTV)が報じた。

  習主席はまた、両国が「一帯一路」プロジェクトや、人工知能(AI)、ビッグデータ、「モノのインターネット(IoT)」などの分野で協力できるとも指摘した。

原題:Japan PM Abe Brings up Hong Kong, Xinjiang During Xi Meeting (1)(抜粋)

(第3段落以降に習主席のコメントを追加します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE