コンテンツにスキップする

中国株下落、上海総合が6週間ぶり大幅安-テクノロジー銘柄に売り

  • 上海総合指数は前週末比1.4%安の2962.75で終了
  • 政府系ファンドが一部テクノロジー企業の持ち分を減らすと発表

23日の中国株式相場は大きく下げた。政府系ファンドが一部テクノロジー企業の持ち分を減らす方針を示し、上海総合指数が終値ベースで6週間ぶりに1%を超える下げとなった。

  同指数は前週末比1.4%安の2962.75で終了し、下落率は11月11日以来の大きさ。「国家集成電路産業投資基金」が国科微電子など3社の持ち分を減らすと発表。国科微電子は値幅制限いっぱいの10%下落した。

China's stock benchmark posts first 1% drop in six weeks

原題:
China Stocks See Biggest Drop in 6 Weeks as Tech Firms Sink(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE