コンテンツにスキップする

クロアチア大統領選挙、現職と元首相が来月の決選投票に進む

  • グラバルキタロビッチ大統領の得票はミラノビッチ元首相に次ぐ2位
  • クロアチアは来年前半のEU議長国、2013年に加盟

クロアチア大統領選挙は、再選を目指すグラバルキタロビッチ大統領とミラノビッチ元首相による決選投票が来月行われることになった。

  22日の第1回投票では、開票作業がほぼ終了した時点で現職のグラバルキタロビッチ氏の得票率が26.7%と2位に入った。首位のミラノビッチ氏は29.5%。いずれも当選に必要な過半数に届かず、両氏による決選投票が1月5日に実施される。クロアチア大統領の役割は主に儀礼的なものに限られる。

  ミラノビッチ氏との直接対決は接戦となる可能性が高いものの、グラバルキタロビッチ氏は3位のミロスラフ・スコロ氏に投票した有権者からの支持を得る見込みだ。

  クロアチアは来年前半に欧州連合(EU)議長国を務める。EUには2013年に加盟し、ユーロ導入を目指している。

原題:
Croatian President Through to Election Runoff Against Ex-PM (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE