コンテンツにスキップする

ボーイングの宇宙船「スターライナー」が地球に帰還-多くの課題残す

  • ソフトウエア不具合でISSとドッキングできず
  • ボーイングとNASAは数週間かけてデータ検証へ

ボーイングが打ち上げた商用宇宙船CST100「スターライナー」が22日、 無人飛行試験日程を2日間に短縮して地球に帰還した。

  スターライナーはニューメキシコ州ホワイトサンズミサイル試験場に現地時間午前5時58分(日本時間同午後9時58分)に着陸した。

  20日午前にフロリダ州ケープカナベラル空軍基地から打ち上げられたスターライナーは、上昇中にソフトウエアの不具合が発生。計画していた国際宇宙ステーション(ISS)とのドッキングができないまま帰還を余儀なくされた。

  スターライナーは最大7人を乗せてISSと地球を往復することを目指して設計されたカプセル型宇宙船。ボーイングと米航空宇宙局(NASA)は数週間をかけてスターライナーと今回の飛行実験で集めたデータを検証する計画。NASA幹部のステーブ・スティッチ氏によると、ボーイングに2回目の無人飛行実験を求めるかどうかは検証後に判断するという。

Boeing CST-100 Starliner Landing

12月22日にニューメキシコ州ホワイトサンズ・ミサイル試験場に着陸したスターライナー

写真家:ビル・インガルス/ NASA

原題:
Boeing Returns Space Capsule to Earth With Much Work to Do (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE