コンテンツにスキップする

「スター・ウォーズ」最新作、北米興行収入200億円に迫る

更新日時
  • 北米以外での興行収入、22日時点で推計1億9800万ドル-コムスコア
  • スター・ウォーズ人気が高くない中国では1210万ドル

ウォルト・ディズニーのSF映画「スター・ウォーズ」の最新作「スカイウォーカーの夜明け」は、公開後初めての週末における米国とカナダでの興行収入が推計1億7550万ドル(約192億円)に上ったと、調査会社コムスコアが発表した。ウォルト・ディズニーでは今年ヒット作が続いているが、このスター・ウォーズ最新作も出足好調のようだ。

  J.J.エイブラムス監督は多くのスター・ウォーズファンを満足させつつ、現在の3部作を完結させるという難しい仕事を任されていた。今月行われたメディア向けイベントで監督は、「最も重要なのは人物だ。この映画のキャストは素晴らしい」と述べ、出演する俳優陣が成功の鍵だとの認識を示していた。

 

Star Wars: The Rise of Skywalker

「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」の一場面

  コムスコアによれば、22日時点で北米以外での「スカイウォーカーの夜明け」の興行収入は推計1億9800万ドル。スター・ウォーズ人気が全般的に高くない中国では1210万ドルだった。

  スター・ウォーズのシリーズ第1作は1977年に公開。ディズニーは今回の作品を「スカイウォーカー家の物語」の完結編だとしている。

  北米市場での他の初登場作品では「キャッツ」が650万ドルを稼ぎ、4位となった。

Top 10 Films
Top 10 Film Grosses

Add Link

原題:Newest Star Wars Film Brings $176 Million in Opening Weekend (2) (抜粋)

(3段落目以降に北米ランキングなどを追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE