コンテンツにスキップする
cojp

関電高浜原発3、4号機停止へ、テロ対策遅れで来夏以降-報道

関西電力高浜原発(福井県)3、4号機が来年夏以降に停止することが分かったと22日付毎日新聞朝刊が報じた。国が義務づけるテロ対策施設の設置工事が期限内に終了しないことが確実になったため。

  • 高浜3、4号機のテロ対策施設工事は安全確認作業の難航により、2020年8月(3号機)と10月(4号機)の期限より最大1年遅れると、関係者を引用
  • 原発1基当たり1か月約40億円の利益押し下げ要因、長期停止は経営を圧迫する可能性
    • 原発停止中は、火力や太陽光、電力卸市場からの調達などで不足分を補う
    • 停止中の1、2号機は、関電幹部らの金品受領問題などで再稼働に必要な地元合意が得られるか不透明
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE