コンテンツにスキップする

日米首脳が電話会談、北朝鮮ミサイルなど問題解決へ緊密連携で一致

TOPSHOT-SKOREA-NKOREA-US-NUCLEAR-DIPLOMACY
Photographer: JUNG YEON-JE/AFP
TOPSHOT-SKOREA-NKOREA-US-NUCLEAR-DIPLOMACY
Photographer: JUNG YEON-JE/AFP

安倍晋三首相は21日夜、トランプ米大統領と電話会談を行い、北朝鮮の拉致、核、ミサイルなどの問題の解決に向けて緊密に連携し対応していくことで一致した。

  • 外務省の発表によると、安倍首相は以下の内容をトランプ大統領に伝えた
    • 米朝プロセスを支持している
    • 北朝鮮に対して、危険な挑発行為でなく平和的な対話を通じて朝鮮半島の非核化に取り組むよう強く求めている
    • 23日に訪中し、習近平中国国家主席と会談する
    • 日中韓3カ国サミットに臨み、この地域の平和と安全に向けて中国・韓国ともしっかり連携したい
    • イランのロウハニ大統領訪日の結果について説明。中東における緊張緩和と情勢の安定化に向け、引き続き米国と緊密に連携しつつ,外交努力を続けていく
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE