コンテンツにスキップする

グーグルに仏競争当局が180億円制裁金-支配的地位を乱用と指摘

フランスの競争当局は20日、アルファベット傘下のグーグルに1億5000万ユーロ(約180億円)の制裁金を科すと発表した。同社が広告プラットフォームの「あいまいかつ理解困難な運営ルール」を設定することで、検索サービスにおける支配的な地位を乱用したとしている。

  仏競争当局がグーグルに制裁金を科すのは初めてという。

  グーグルは搾取的な広告から人々を守るよう広告方針を設定していると反論し、不服を申し立てるとした。

  独占的地位の乱用に対するフランスでの制裁金としては2009年以降で3番目に大きい額となる。仏当局はフェイスブックについても調査している。

原題:
Google Fined $167 Million in France Amid Crackdown on Online Ads(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE