コンテンツにスキップする

中国国家主席、ダボス会議出席予定なし-米大統領と会談期待後退

更新日時
  • 劉鶴副首相は1月早い時期に訪米、第1段階の貿易協定に署名見込み
  • トランプ米大統領はダボス会議に出席する計画-政権当局者

習近平中国国家主席は来年1月の世界経済フォーラム(WEF)年次総会(ダボス会議)に出席する予定はないと、事情に詳しい関係者が明らかにした。同主席とトランプ米大統領の会談の場の選択肢が1つ消えた。

  これとは別に当局者が、貿易交渉責任者である劉鶴副首相は第1段階の米中貿易協定に署名するため1月の早い時期にワシントンを訪れる予定だと語った。協議が非公開だとして匿名を条件に発言した。米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表も、その近辺に自身と劉副首相が86ページから成る協定に署名する見込みだと述べていた。

Chinese President Xi Jinping Attends Celebration of the 20th Anniversary of the Establishment of the Macao SAR

習近平国家主席

  中国外務省の広報担当は、「中国と世界経済フォーラムは良い協力関係を築いており、中国はフォーラムの役割を評価している。長年にわたり高いレベルの代表団を送っており、2020年の年次総会に出席する代表団について追って発表する」とコメントした。

  ダボス会議は2020年1月21-24日に開催の予定。24日には中国の春節(旧正月)の連休が始まる。習主席は春節前に地方都市を巡るのが慣例となっている。

  トランプ大統領はダボス会議に出席する計画だと、政権の当局者4人が述べていた。

原題:
China’s Xi Plans to Skip Davos, Deflating Hopes for Trump Summit(抜粋)
China’s Xi to Skip Davos, Deflating Hopes for Trump Summit (1)

(第2段落に加筆し第3段落に中国外務省のコメントを追加します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE