コンテンツにスキップする

来年の米株、前半は調整もS&P500は3388で終了を予想-ウェルズF

  • 3月後半か4月前半の調整局面入りを想定している
  • 結局は3388と、18日終値を6%上回る水準で終わると予想
Pedestrians walk along Broadway near the New York Stock Exchange.
Pedestrians walk along Broadway near the New York Stock Exchange. Photographer: Michael Nagle/Bloomberg
Pedestrians walk along Broadway near the New York Stock Exchange.
Photographer: Michael Nagle/Bloomberg

米S&P500種株価指数は来年、前半に10%安の調整局面に入る可能性があるものの、結局は3388と18日の終値を6%上回る水準で終わる。ウェルズ・ファーゴの株式戦略責任者クリス・ハーベイ氏が予想した。

  ハーベイ氏は顧客向けリポートで「連邦準備制度によるバランスシートの規模拡大がストップすると見られる3月後半か4月前半に調整を想定している」と分析。その上で、「来年は前半に調整が予想されるものの、低迷が続く年になるというわけではない。結局、上昇傾向と見込んでいる」と説明した。

  同氏が示した来年末時点の見通しは、ブルームバーグが対象とするストラテジストの予想平均の3318を上回る。

原題:Wells Fargo Predicts 1H Correction, S&P 500 to End 2020 at 3,388(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE