コンテンツにスキップする

シーラス株上昇、フェイスブックが先に買収目指していたとの報道受け

  • 取引は成立しなかったとジ・インフォメーションが伝えた
  • フェイスブックはフィットビット買収ではグーグルに敗れたという

スマートフォンやタブレットなどで使用されるオーディオプロセッサーを製造する米シーラス・ロジック株が19日の米株式市場で上昇。米フェイスブックが今年先に買収に向けた協議を行ったとジ・インフォメーションが報じたことが材料となった。

  シーラス株は朝方の下げから転じ、一時4.2%上昇後、3.3%高で終了した。同報道によると、フェイスブックはシーラス買収を検討したものの、取引は成立しなかった。フェイスブックは社内部門の構築や買収を通じてハードウエア事業の強化を図っているという。

  フェイスブックは520億ドル(約5兆6900億円)余りの手元現金を持ち、ハードウエア部門増強に回すことが可能だ。ジ・インフォメーションによれば、2023年の投入を目指し人工知能(AI)搭載メガネの開発を進めている。同社は今年、スマートウオッチを製造するフィットビット買収でも協議を行ったが、米アルファベット傘下グーグルに敗れたという。

原題:Cirrus Logic Gains on Report Facebook Held Talks to Acquire It(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE