コンテンツにスキップする

ペロシ氏とマコネル氏、トランプ大統領の弾劾裁判手続きで対立深める

更新日時
  • ペロシ下院議長、上院手続き判明まで弾劾マネジャーの指名見合わせ
  • 民主党が弾劾決議を送付しないなら「それで構わない」-マコネル氏
ペロシ下院議長

ペロシ下院議長

Photographer: Patrick Semansky/AP Photo
ペロシ下院議長
Photographer: Patrick Semansky/AP Photo

トランプ米大統領の弾劾裁判の条件を巡るペロシ下院議長とマコネル共和党上院院内総務の対立は19日に深まった。議会は裁判の日程や方法について決着させずにクリスマス休会に入った。

  ペロシ議長は下院がトランプ大統領の弾劾訴追決議案を可決した18日夜、上院が弾劾裁判手続きを提示するまで、同決議の上院送付と弾劾マネジャーの指名を遅らせると述べた。この発言は多くの下院民主党議員にとって意外なものだった。上院での弾劾裁判では、下院議員の一部が弾劾マネジャーとして検察官役を務める。

  同議長は19日の記者会見で「彼らの手の内が見えれば、われわれが送る人物や人数が分かるだろう」と述べ、タイミングは手続き上の問題だと位置付け、クリントン元大統領弾劾訴追後に超党派で裁判プランをまとめた上院の実績に言及した。

House Speaker Nancy Pelosi Holds Weekly News Conference

ペロシ下院議長

写真家:アンドリュー・ハラー/ブルームバーグ

  マコネル氏はクリントン元大統領の裁判で使用されたものと同じルールを喜んで採用するだろうと述べ、ペロシ議長が上院に圧力をかけることができるという考えを一蹴。民主党が弾劾訴追決議を送付しないなら、それで「私は構わない」と語った。

  民主党のシューマー上院院内総務は、トランプ氏が下院弾劾調査への参加を阻んだ政権当局者4人を証人として召喚することに同意するようマコネル氏に迫っており、19日にペロシ、マコネル両氏と会談した。シューマー氏は上院で「大統領の論拠があまりに弱いため、宣誓して大統領を擁護できる側近はいないということなのか」と述べ、自身とペロシ議長は「同じ考えであり公正な裁判を求める」と訴えた。

原題:
Pelosi, McConnell Dig In on Standoff Over Impeachment Trial(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE