コンテンツにスキップする

米中古住宅販売:5カ月ぶり低水準、在庫不足で-価格は上昇

更新日時

全米不動産業者協会(NAR)が発表した11月の米中古住宅販売件数は、前月比で減少し5カ月ぶりの低水準となった。在庫不足で住宅市場が抑制されている状況が示唆された。同市場は低い住宅ローン金利と雇用増加に支えられてきた。

キーポイント
  • 中古住宅販売件数(季節調整済み、年率)は前月比1.7%減の535万戸
    • ブルームバーグ調査のエコノミスト予想中央値は544万戸
    • 前月は544万戸(速報値546万戸)に修正
  • 中古住宅価格(中央値)は前年同月比5.4%上昇の27万1300ドル
U.S. home sales fall to five-month low on fewer available properties

インサイト

  • 他の一連の指標は住宅セクターが2018年の減速を経て改善を続けていることを示唆したが、今回の数字は対照的。米金融当局による利下げは住宅ローン金利を低下させ、力強い労働市場の数字は消費やセンチメントを支えてきた
  • 前年比での販売価格上昇は、依然として堅調な住宅市場を示唆。在庫が少なく、買い手の選択肢が限定されている状況。中古住宅の在庫は前年同月比7.3%減の164万戸で、11月としては過去最低
  • NARの人口動態・行動分析担当バイスプレジデント、ジェシカ・ラウツ氏:
    • 「米国には住宅不足と値ごろ感という課題がある」ものの、需要は引き続き底堅い
    • 「低価格帯の在庫が増える必要があるほか、高価格物件は値下げが必要かもしれない」

詳細

  • 全米4地域のうち南部の販売は224万戸と、年初来の低水準。西部でも減少
  • 販売に対する在庫比率は3.7カ月(前月3.9カ月)で、2月以来の短い期間
  • 統計の詳細は表をご覧ください

原題:
U.S. Existing-Home Sales Fall to 5-Month Low on Lean Inventories(抜粋)

(統計の詳細を追加し、更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE