コンテンツにスキップする

ECB「2つの柱」の一つ格下げや放棄も、戦略再評価で-当局者

更新日時
  • 通貨供給の伸びは物価安定指標としてうまく機能していないと当局者
  • 金融安定に金融政策が及ぼす影響や与信を重視する方が適切な可能性

欧州中央銀行(ECB)が、ドイツ連邦銀行から影響を受けた金融政策の基本設計の重要な柱の一つについて、格下げないし放棄を検討している可能性がある。ユーロ圏の複数の当局者が、検討中の事項に言及することを理由に匿名を条件に明らかにした。

  ECBが経済状況を評価・分析するアプローチとして用いる「2つの柱」の一つである通貨供給量の伸びは、物価安定の指標としてうまく機能しないことが分かっており、金融の安定に金融政策が及ぼす影響や与信を重視する方が適切かもしれないと当局者は語った。
 
  このような議論は、ラガルド新総裁が着手しようとしている「戦略再評価」の予想される方向を浮き彫りにする。ECBの主要なマンデート(責務)である物価安定の目安と達成手順、気候変動やデジタル通貨といったより広範な問題を対象に再評価が行われる見通しだ。

  当局者によると、ECBは来年1月に開く政策委員会で戦略再評価について正式に合意を得る可能性が高いが、どのような組み立てになるか決定はまだ行われていない。

  ECBの報道官は、戦略再評価の状況やパラメーターに関するコメントを控えている。

Euro-area money supply growth isn't lifting inflation

原題:ECB Could Be About to Demolish a Key Pillar of Its Policy Design(抜粋)
European Central Bank

(背景などを追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE