コンテンツにスキップする

【NY外為】ポンド安、「合意なき離脱」懸念-カナダ・ドル上昇

更新日時

18日のニューヨーク外国為替市場ではポンドが幅広く下落。英国が合意なく欧州連合(EU)を離脱する可能性が懸念され、前日に続き売られた。一方、カナダ・ドルは堅調。同国のコアインフレ率上昇に加え、カナダからの処方薬輸入拡大につながるトランプ米政権の提案が追い風となった。

  • ニューヨーク時間午後4時36分現在、ポンドはドルに対し0.4%安の1ポンド=1.3082ドル
    • 前日から2日間の下落率が一時、2%を超えた
    • 11月の英インフレ率は過去3年間で最低の水準にとどまった。英中銀のハト派委員への追い風となる
  • カナダ・ドルは米ドルに対し0.4%上昇、10月30日以来の高値を付けた。金および原油の軟調は材料視されず
    • カナダ10年債利回りはこの日6ベーシスポイント上昇。同国インフレ統計が予想を上回ったことに反応
  • 日本や英国などの中央銀行の政策発表を控える中、主要10通貨の値動きは小幅にとどまった
  • ブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.1%上昇
    • 米10年債利回りは上昇。2年債と10年債の利回り差は6月以来最大となった
  • ドルは対円で0.1%高の1ドル=109円59銭
    • 一時は109円63銭に上昇
  • ユーロはドルに対して0.3%安の1ユーロ=1.1115ドル
    • ユーロはスイス・フランに対しても下落

原題:Pound Broadly Weaker for Second Day; Loonie Rises: Inside G-10(抜粋)

(情報を加え、相場を更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE