コンテンツにスキップする

ウォール街のアニマルスピリット旺盛-出遅れ資産が軒並み回復

  • 割安なバリュー株や新興市場資産に資金が流入
  • 米中の第1段階貿易合意や米金融当局のハト派姿勢など背景

旺盛なウォール街のアニマルスピリットが、今年不人気だったあらゆる資産を回復させている。

  バンク・オブ・アメリカ(BofA)の金融ストレスの指数が5月以来の低水準となる中で、値動きの大きい銘柄が低ボラティリティー株をしのぎ、割安なバリュー株や新興市場資産に資金が流入している。

  貿易に関する見通し改善や堅調な米労働市場、ハト派の米金融当局を追い風に、JPモルガン・チェースなどが新たな強気取引を提案。BofAは次四半期の「メルトアップ」を予言した。

  

A gauge of financial stress has plunged amid a slew of good news

  プライム・パートナーズのフランソワ・サバリー最高投資責任者(CIO)は、「今後6カ月はより前向きな見方をする必要がある」と述べた。米中の第1段階貿易合意を受け、新興市場とドイツの輸出株を買い増すことを考えていると語った。

Emerging markets have been trailing U.S. shares for years

  割安なバリュー株と将来のキャッシュフローに賭けるグロース株では、これまで無視されてきた景気循環銘柄が買われ、人気だったグロース株が売られるようになっている。

A steeper yield curve might bode well for value

  リスク意欲の高まりのもう1つの兆候として、高ベータと呼ばれる値動きの激しい銘柄が、より安定した銘柄に対して回復している。

More volatile stocks are outperforming again

  世界的な貿易摩擦の悪影響を受けていた新興市場にも追い風が吹いている。UBSウェルス・マネジメントとブラックロックは今週、新興市場資産についてポジティブに転じた。市場センチメントの改善を受けてUBSウェルスはキャリー取引も活発化させている。グローバルCIOのマーク・ヘーフェル氏がリポートで明らかにした。

原題:
Wall Street’s Unstoppable Bull Is Coming for All Market Laggards(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE