コンテンツにスキップする

中国不動産取引の貝殻找房、1100億円規模のIPOを検討-関係者

  • 鏈家傘下の貝殻找房はアドバイザーと共にIPO目指すと関係者
  • テンセントは貝殻找房に今年8億ドルを投資

テンセント・ホールディングス(騰訊)の支援を受ける中国のオンライン不動産取引プラットフォーム、貝殻找房は少なくとも10億ドル(約1100億円)規模の新規株式公開(IPO)を検討している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  協議は非公開だとしてこれら関係者が匿名で明らかにしたところでは、貝殻找房はアドバイザーと共にIPOを目指している。どの市場に上場するかはまだ決めていないが、時期は来年中になる可能性があるという。

  貝殻找房は中国の不動産仲介業者大手の鏈家が2018年に同社のオンライン不動産取引プラットフォームとして立ち上げた。貝殻找房は今年、テンセントから約8億ドルを調達した。

  これら関係者によると、まだ協議は初期段階のためIPO計画は変わる可能性がある。鏈家の担当者は貝殻找房に取材するよう要請したが、貝殻找房の担当者はコメントを控えた。

原題:Tencent-Backed Beike Is Said to Mull $1 Billion IPO Next Year(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE