コンテンツにスキップする

フォード、ミシガン州工場で3000人追加雇用へ-約1600億円投資

  • SUV・トラックのモデル改良やEV・自動運転車投入に向けた投資
  • フォード初の自動運転車完成のため新しい「改良センター」設置へ

米自動車メーカー2位のフォード・モーターは17日、デトロイト近郊の2工場で3000人を追加雇用すると発表した。スポーツタイプ多目的車(SUV)やトラックのモデル改良のほか、新しい電気自動車(EV)や自動運転車の投入に向け、14億5000万ドル(約1590億円)を投資する。

  発表文によると、ミシガン州ウェインの工場に7億5000万ドルを投じ、中型ピックアップトラック「レンジャー」や来年復活するSUV「ブロンコ」の全く新しいバージョンの製造のため今後3年間で2700人を追加採用する。同工場には21年からフォード初の自動運転車を完成させるために新しい「改良センター」も設置する。

  フォードはさらに、同州ディアボーンにあるリバー・ルージュ複合施設として知られるフルサイズのピックアップトラック工場に7億ドルを投資。売れ筋のピックアップトラック「F-150」のハイブリッドおよび完全電動モデルを今後数年間で生産開始するのに伴い、同工場で300人を追加雇用する。

原題:
Ford to Add 3,000 Jobs at Michigan Plants, Invest $1.45 Billion(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE