コンテンツにスキップする

ウィーワーク、1920億円の新たな信用枠確保-ゴールドマンが主導

  • 今回の動きを受け約8億ドルの現金が自由になる-関係者
  • ゴールドマンが信用枠設定とりまとめ役、ソフバンクGが共同債務者

シェアオフィス事業を展開する米ウィーワークは、17億5000万ドル(約1920億円)の新たな信用枠を確保した。ゴールドマン・サックス・グループが信用枠設定の取りまとめ役を務めた。

  ソフトバンクグループはウィーワーク支援パッケージの一部としてデッドファイナンスで50億ドルを用意するとしており、今回の信用枠設定でこの実現に向けた最初の関門を突破したことになる。これを受け、ウィーワークが以前の信用枠のコベナンツ(財務制限条項)を満たすために用意していた約8億ドルの現金が自由になると、事情を知る2人の関係者が明らかにした。

  「ウィーワークとソフトバンクグループがゴールドマン・サックスとコミットメントレター(確約書)を締結したことを喜ばしく思う」とウィーワークの広報担当エリン・クラーク氏が電子メールでコメントした。ウィーワークは新たな取引では現金の担保を設定する必要がないとし、 「ウィーワークとソフトバンクはそれぞれシニア担保付きベースと無担保ベースの共同債務者となる」と説明した。

  クラーク氏によると、ウィーワークは来月から新たな信用枠を利用できるようになる。ゴールドマンは資本の提供を約束しているが、まだ他の投資家による融資の取りまとめを進めている段階。新たな信用枠は総額約11億ドルの既存の仕組みに取って代わる形となる。

原題:WeWork Clinches $1.75 Billion in Financing With Goldman Backing(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE