コンテンツにスキップする

【NY外為】逃避先通貨とドルが上昇、ポンドは選挙後の上げ失う

更新日時

17日のニューヨーク外国為替市場では逃避先通貨とドルが上昇。英国が合意なしに欧州連合(EU)を離脱するとの不安が再燃し、ポンドは1カ月ぶりの大幅安となった。

  • ブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.2%上昇
    • 上昇は3営業日ぶり
    • スイス・フランが主要10通貨の全てに対し上昇し、円も幅広い通貨に対して買われた
  • ポンドは急落、英総選挙後の上昇分を失った
    • ジョンソン首相がEUとの通商取り決めで強硬路線をとる考えだと明らかになり、ポンド売りに-スコシアバンクのチーフ外為ストラテジスト、ショーン・オズボーン氏がリポートで指摘
  • 米国株と原油、米国債利回りは上昇
Pound eyes Oct./Nov. congestion zone
  • ニューヨーク時間午後4時33分現在、ポンドは対ドルで1.5%安の1ポンド=1.3132ドル
    • 一時は1.3100ドルまで下げ、下落率は11月15日以降で最大
    • EU離脱の先行き不透明などを受け、イングランド銀行(中央銀行)は1月の会合で金利を引き下げると、ドイツ銀行は予想
  • ユーロはドルに対して0.1%未満高い1ユーロ=1.1147ドル
  • ドルは対円で0.1%安い1ドル=109円49銭
    • 19日の日銀政策決定会合を控え、小幅な値動きに終始
  • ドルはスイス・フランに対し一時0.9796ドルと、8月27日以来の安値を付けた

原題:
Haven Currencies, Dollar Advance; Pound Stumbles: Inside G-10(抜粋)

(情報を加え、相場を更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE