コンテンツにスキップする

ジョンソン首相:来年のダボス会議は欠席へ、閣僚も出席せず-当局者

  • 選挙で国民の優先事項に取り組むと公約、EU離脱の実現を決意
  • 「期待に応えなければならない」、首相が選挙後初の閣議で言明

ジョンソン英首相は来年の世界経済フォーラム(WEF)年次総会(ダボス会議)を欠席すると、英当局者が明らかにした。閣僚も出席を見送るという。

  首相は先週の総選挙で国民の優先事項に取り組む公約を掲げて勝利し、保守党は野党勢に80議席の大差をつけて過半数議席を確保した。ジョンソン首相は1月31日の欧州連合(EU)離脱を実現する意向を強く表明している。

  ジョンソン首相はこの日、選挙後初の閣議を開き、「国民は大きな期待を寄せている。その期待に応えなければならない」と言明した。

原題:
Boris Johnson’s New Priorities See the U.K. Boycott Davos (2)(抜粋)

Johnson Signals Priorities With Davos Boycott: Brexit Update(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE