コンテンツにスキップする

パキスタンのムシャラフ元大統領、国家反逆罪で死刑判決-軍は猛反発

パキスタン特別法廷はかつて軍事独裁政権を率いたムシャラフ元大統領に対し、本人不在のまま死刑の判決を言い渡した。6年に及ぶ国家反逆罪を巡る裁判は、同国で強い影響力を持つ軍をけん制する形で節目を迎えた。

  これを受けてパキスタン軍は直ちに強く反発。報道官を務めるアシフ・ガフール少将は、40年以上も祖国に尽くし、国防のために戦争で戦ったムシャラフ氏が「国家を裏切ることは断じてない」との声明を発表。「正当な法的手続きは無視されたようだ」と非難した。

PAKISTAN-POLITICS-MUSHARRAF

ムシャラフ元大統領

撮影: Asif Hassan/AFP via Getty Images

  ムシャラフ氏は治療のために2016年からドバイで暮らし、裁判には一度も出廷していない。同氏の代理人は現地テレビで、最高裁に上告する意向を表明した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE