コンテンツにスキップする

【米中ウオッチ】米国が拒否、台湾株、来年の香港経済、国家電網

更新日時

米中を巡る主なニュースは以下の通り。それぞれの記事を読むには、青地のリンクをクリックしてください。

  • 米中再衝突は不可避、第1段階合意でも根本的な対立続く-識者の見方
  • クドロー氏:「第2段階」の米中合意、第1段階の成功に左右される
  • 米国は中国とロシアが提案の北朝鮮制裁緩和案を拒否
  • 台湾株、1990年の水準取り戻す-日本と同じ30年前に株式バブル崩壊
  • 香港航空の一部保有機、空港管理局が差し押さえ-運航停止の前触れか
  • 来年の香港経済、デモの動向次第-4~6月までマイナス成長と予想
  • 英中銀、香港の投資ファンドから約5480億円流出と分析-金融安定報告
  • 中国国家電網、オマーンの国営送電会社の株式49%取得で合意
  • 日本の米国債保有残高、10月も外国勢首位維持-中国との差拡大
  • 不安の伝染は独特、企業の相互保証で債務実態つかめず-中国山東省
  • 中国の習主席、今年の香港は「最も険しい」状況ー林鄭行政長官と会談
  • 香港のホテル支援を、富豪の御曹司が政府に促す-将来には自信
  • 中国の全人代常務委が証券法改正案を審議、23日から会議-証券時報
  • 貿易合意の誇大広告か、世界の株式が買われ過ぎ領域に-チャート
(北朝鮮制裁を巡る中ロ提案についての記事などを追加し更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE