コンテンツにスキップする
Subscriber Only

ソフトバンクG孫社長、大学入試「AIを試験科目に」-日本後れ危惧

  • 高齢化問題解決はAIで、日本のムーンショットはGDPで米中抜く
  • アジアが世界トップのAIプラットフォームになる可能性ある

ソフトバンクグループの孫正義社長は17日、東京都内で開かれた国際シンポジウムで講演し、日本の大学入試で人工知能(AI)を試験科目に取り入れるべきだとの考えを披露した。

  孫社長は、日本が抱える最大の問題は高齢化であり、交通事故と医療費が劇的に増加していると指摘。問題解決のためにはAIを使い、自動運転やがんの早期発見を推進することが国力の増強につながるとの認識を示した。その上で、「試験科目になければ日本人は勉強しない」とし、有能なAI人材の輩出に向け、大学入試で「義務化すべきだ」と話した。

  また孫社長は、AIの特許数では中国が米国を追い越す中、日本は後れを取っており、国内総生産(GDP)が低調な一因になっていると分析。一方、国の数や人口面からアジアは世界トップのAIプラットフォームになる可能性があり、地政学的に日本がけん引役になり得るともみている。

  日本にとって、「ムーンショットはGDPで米中を抜くこと」だと話し、そのためのAIの研究と導入が不可欠と孫社長は強調した。ムーンショットは、大胆な発想に基づく挑戦的な研究開発を指すビジネス用語。

Softbank Group Corp. CEO Masayoshi Son Announces Third-quarter Earnings

孫社長はAIの重要性を説き続ける

Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE