コンテンツにスキップする

テスラ株が急伸-好材料相次ぎ、弱気派は「冬眠モード」入り

  • テスラ株は一時7%上昇し、年初来上昇率は15%となった
  • 現状踏まえると弱気派が悲観的であり続けるのは難しい-アイブス氏

電気自動車メーカーの米テスラの株価が16日、約1年ぶりの高値を付けた。 テスラ株は今年、市場全般に対して出遅れていたが、好材料が相次ぎ投資マインドが改善した。

  テスラ株は一時7%上昇し、日中ベースで2018年8月以来の高値を付けた。この急伸により、年初来上昇率は15%となった。S&P500種株価指数は年初来約28%高。

  クレディ・スイスのアナリスト、ダン・レビー氏は16日、テスラは自動車製造の未来を定義する可能性があるソフトウエアや電化の分野でリードしていると評価。テスラのギガファクトリーへの先週の訪問で、同社が「電動パワートレインの中核であるバッテリーに関して、他のどのメーカーよりも先行する可能性が高い理由が裏付けられた」と述べた。

  テスマニアンと呼ばれるウェブサイトによると、中国製「モデル3」の予約者の第1陣はテスラから納車が近い可能性を示す通知を受け取った。

  ウェドブッシュのアナリスト、ダン・アイブス氏は電話インタビューで「現状を踏まえると弱気派が悲観的であり続けるのは難しい」と指摘。さまざまなアナリストや市場ウオッチャーによる調査結果は一段と堅調な需要や生産トレンドを示しており、ベア(弱気派)は「冬眠モード」に入ったと付け加えた。

原題:Tesla Jumps as Good-News Rush Puts Cynics Into Hibernation (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE