コンテンツにスキップする

【NY外為】ドルと円が下落、米中の通商交渉合意でリスク選好

更新日時

16日のニューヨーク外国為替市場では、ドルと円が下落。貿易を巡る米中関係への楽観から、リスク選好のムードが広がった。ドルは主要10通貨の大半に対して下げた。

  • 主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.2%低下。ニューヨーク在勤のストラテジストによれば、前週初めからのドル買い持ちの解消が続いた
    • 同ストラテジストによると、韓国ウォンやメキシコ・ペソなど新興国通貨に対してもドルは大きく売られた
  • 円は主要10通貨の全てに対して下げた。米国債利回りが上昇、米国株は堅調となった
    • トランプ大統領は米中貿易合意が今後2週間以内に最終的にまとめられると指摘。クドロー米大統領国家経済会議(NEC)委員長は通貨操作に関する問題が合意の主要部分だと発言
    • 米住宅建設業者のセンチメントを示す12月の指数は、20年ぶりの高水準に達した
  • スウェーデン・クローナやノルウェー・クローネの上げが目立った
    • 両国の金融当局は今週、政策決定会合を開催する
  • ニューヨーク時間午後4時50分現在、ユーロは対ドルで0.2%高い1ユーロ=1.1142ドル。ロンドンのトレーダーによると、薄商いの中をリアルマネー系の投資家やヘッジファンドのセールスからユーロ買い
    • フランスとドイツに加え、ユーロ圏の製造業PMIが弱い内容になったものの、ユーロ買いが優勢
  • ドルは対円で0.2%高の1ドル=109円56銭
  • ポンドは対ドルでほぼ変わらずの1ポンド=1.3333ドル。前週末の大幅高の後を受けた利益確定売りで上値が重かった。FTSE100指数がこの日、大幅高になったものの、材料視されなかった
Treasury yields rise as stocks firm to all-time highs

原題:Dollar, Yen Fall Amid Improvement in Risk Appetite: Inside G-10(抜粋)

(情報を加え、相場を更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE