コンテンツにスキップする

インテル、イスラエルのAI半導体メーカーを20億ドルで買収

Intel Corp. Headquarters Ahead Of Earnings
Photographer: David Paul Morris/Bloomberg
Intel Corp. Headquarters Ahead Of Earnings
Photographer: David Paul Morris/Bloomberg

インテルは、人工知能(AI)アプリケーション向けの半導体を開発するイスラエルのスタートアップ企業ハバナ・ラブズを約20億ドル(約2190億円)で買収した。急成長するAI向け半導体市場で事業拡大を狙う。

  インテルは、AIがけん引する収入が今年35億ドル強となり、前年比で20%余り増加すると見込んでいる。パソコン用半導体の需要が減速するのに伴い、同社は他製品での事業拡大を模索している。AIシリコン市場の規模が2024年までに250億ドルを上回ると予想していることも16日に明らかにした。

  インテルによれば、ハバナは独立企業にとどまり、引き続きイスラエルが本社となる。

原題:
Intel Buys Israeli AI Chipmaker Habana Labs for $2 Billion(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE