コンテンツにスキップする

ユーロ圏総合PMI:12月は50.6と前月から変わらず、市場予想下回る

IHSマークイットが16日発表したユーロ圏総合購買担当者指数(PMI)によれば、2019年終盤の域内民間セクター経済活動はほとんど拡大していない。貿易を巡る不透明感によって製造業が低迷した1年となった。

  12月のユーロ圏総合PMIは前月と変わらずの50.6。エコノミスト予想の50.7を若干下回った。10-12月(第4四半期)が、ユーロ圏が2013年下期にリセッション(景気後退)の二番底を脱して以来の弱さとなったことが示された。同指数で50は拡大と縮小の分かれ目を示す。

  IHSマークイットのチーフビジネスエコノミスト、クリス・ウィリアムソン氏は、「近く状況が改善する兆候は乏しい」とし、企業は「需要停滞の逆風と今後一年の暗い見通しに直面している」と指摘した。

原題:Euro-Area Economy Ends 2019 Still Struggling as Momentum Stalls(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE