コンテンツにスキップする

ダイムラーとBMWの配車ベンチャー、ウーバー追撃の構え

  • 今年に続き来年も売上高倍増を目指すとフリーナウCEO
  • 持続的成長見据え地元当局に協力するとベルクCEO

独ダイムラーとBMWが共同出資する配車ベンチャー、フリーナウは今年に続き来年も売上高倍増を目指している。欧州と中南米で米ウーバー・テクノロジーズを追撃する構えだ。

  フリーナウのマルク・ベルク最高経営責任者(CEO)はハンブルクのオフィスでのインタビューで、2019年の総取引額(GMV、売上高に相当)は約24億ユーロ(約2900億円)に達する見込みだと発言。

  「積極的で実際に野心的な目標だが、われわれは来年も利益率を向上させつつ、再び売上高を倍増させたいと思っている」とベルクCEOは述べ、現在同社が営業を展開している欧州と中南米の130都市の半分で既に黒字になっていると説明した。

  ウーバーやリフトなどは、新規株式公開(IPO)後の株価低迷が示すように投資家から一段と強い黒字化圧力を受けている。しかしウーバーの時価総額はなお486億ドル(約5兆3200億円)で、これらテクノロジー企業が将来の輸送業界で重要な役割を担うとの投資家の根強い期待を表している。ブルームバーグのデータによれば、ウーバーの今年の修正後売上高は15%増の129億ドルと予想される。

  フリーナウは欧州最大の市場であるロンドンでウーバーが巻き込まれたような法廷闘争を回避するため、規制当局に協力的なアプローチを採っている。ベルクCEOによると、同社はドライバーに対して犯罪記録のチェックへの同意などを義務付けている。

  ベルク氏は、「都市ごとに規制内容が大きく異なるため、このビジネスは非常に地域的であり、当社は地元当局と連絡を密にして信頼関係を構築することを重視している」とし、「重要なのは持続的な成長であり、なりふり構わない成長ではない」と語った。

原題:BMW-Daimler Ride-Hailing Venture Steps Up Uber Challenge(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE