コンテンツにスキップする
Photographer: Qilai Shen/Bloomberg
cojp

中国経済に持ち直しの兆し-11月の工業生産と小売売上高が示す

更新日時
  • 工業生産は前年同月比6.2%増-予想中央値5.0%増
  • 小売売上高は8%増えた-市場予想は7.6%増だった
Workers walk past machinery in the mineral selection shop at the Dongguashan Copper Mine, operated by Tongling Nonferrous Metals Group Co., in Tongling, Anhui province, China, on Thursday, Jan. 17, 2019. On the heels of record refined copper output last year, China's No. 2 producer, Tongling, says it'll defy economic gloom and strive to churn out even more of the metal in 2019.
Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

中国経済が安定し、成長の勢いを取り戻しつつある兆しが11月の統計で示された。米国との通商協議が「第1段階」の合意に達したばかりの中国だが、経済見通しに明るい兆候が新たに加わった。

  国家統計局が16日発表した11月の工業生産は前年同月比6.2%増。予想中央値(5.0%増)を上回る伸びとなった。

  11月の小売売上高は同8%増えた。市場予想は7.6%増だった。1-11月の都市部固定資産投資は前年同期比5.2%増と、予想と一致。1-10月の伸び率も5.2%だった。

Industrial output, retail sales both better than expected

  今回のデータは、景気減速に歯止めをかける取り組みの効果がようやく定着しつつある可能性を示している。今年は長期にわたる生産の減速が、海外の不確実性や内需の弱さを受け悪化していた。

  ING銀行のエコノミスト、アイリス・パン氏(香港在勤)は「何かの始まりだ。年初に多くのインフラ投資が行われ、その投資が今や生産の段階に来ている」と分析。「11月は購買担当者指数(PMI)が上昇し、工業生産も増加した。小売売上高については、11月11日に『独身者の日』のセールがあったため、全く予想通りだった」と指摘した。

  11月の失業率は5.1%。失業率は2019年を通じてそれほど動いていない。統計局によれば、今年の都市部での新規雇用創出は1300万人を超える見通しで、年間目標(1100万人)を大きく上回る。

原題:China’s Economy Picked Up in November on Industry Output, RetailChina’s Economy Picks Up on Industrial Output, Retail Boost (1)(抜粋)

(最終段落に失業率などを追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE