コンテンツにスキップする

中国住宅価格、11月は前月比0.3%上昇-18年2月以来の低い伸び

更新日時
  • 1-11月の不動産開発投資、前年同期比10.2%増加
  • 1-11月の不動産販売額、7.3%増-住宅販売額は10.7%増えた

中国の住宅価格上昇が先月、6カ月連続で鈍った。販売低迷を受け、不動産開発各社は値引きを拡大している。

  国家統計局が16日発表したデータによると、主要70都市の新築住宅価格(政府支援住宅除く)は11月に前月比0.3%上昇。2018年2月以来の低い伸びにとどまった。

Wider Decline

Among the 70 cities tracked, more saw home-price falls in November

Source: China statistics bureau

  統計局のデータによれば、1-11月の不動産開発投資は前年同期比10.2%増えた。

  1-11月の不動産販売額は同7.3%増の13兆9000億元(約217兆円)、住宅販売額は10.7%増の12兆1700億元となった。

原題:China’s Home-Price Growth Slows to Least in Almost Two Years (1)、China Jan.-Nov. Property Development Investment Rises 10.2% Y/y(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE