コンテンツにスキップする

中国、2020年の経済成長率目標6%前後を計画-ロイター通信

  • 地方政府に特別債の発行拡大を認めインフラ事業への支出増も
  • 成長率目標案は閉幕した中央経済工作会議で最高指導部に支持された

中国は2020年の経済成長率目標を6%前後と、今年の目標(6-6.5%)の下限に設定する方針だとロイター通信が政策関係者からの情報として報じた。

  景気の急減速を抑えるため来年は地方政府に特別債(専項債)の発行拡大を認めることでインフラ事業への支出増も計画しているという。来年3月の全国人民代表大会(全人代)で発表される目標案は、今月閉幕した中央経済工作会議で最高指導部に支持された。6%の目標はエコノミスト予想に沿った水準。

  国営メディアは先に、政府は来年の経済成長率を合理的な範囲内に維持する方針だと伝えていた。政府は今年、多くの景気対策を打ち出したが、指導部は債務水準が押し上げられることを警戒し積極的な景気刺激策を控えている。

原題:
China Plans to Target Around 6% Growth in 2020, Reuters Reports(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE