コンテンツにスキップする

フェイスブック、米国従業員の給与データが紛失-2万9000人に影響

フェイスブック従業員の個人情報が記録されたハードドライブが先月、従業員の車から盗まれていたことが分かった。

  同社が13日午前に社員に送付した電子メールによると、複数のハードドライブには米国内従業員の名前、銀行口座番号、社会保障番号下4桁といった給与管理データのほか、給与・賞与額や株式の報酬関連情報が含まれていた。ハードドライブは暗号化されていなかった。

  同社の広報担当者は、このハードドライブには同社の2018年の米国給与支払い名簿に載っているおよそ2万9000人に関するデータが入っていたと確認。ただし、フェイスブックのユーザーに関するデータはなかったと述べた。同社は声明で、「警察は最近発生した車上荒らし、および従業員給与データを含む会社備品が入った従業員のバッグが盗まれた件で捜査を行い、当社はそれに協力した」と説明した。

  従業員宛てメールによれば、盗難が起きたのは11月17日、フェイスブックがハードドライブ紛失を把握したのは同20日だった。

  盗難に遭った従業員は給与支払い担当部署の一員で、事業所外へのハードドライブ持ち出しは禁じられていた。「当社は適切な懲戒処分をとった」とこの広報担当者は述べた。

原題:
Thief Stole Payroll Data for Thousands of Facebook Employees(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE