コンテンツにスキップする
Photographer: Michael Nagle/Bloomberg
cojp

米金融株、13年ぶりに最高値更新ー米中合意期待や10年債利回り上昇で

  • S&P500金融株指数は07年2月に付けた従来の最高値を上回る
  • 10年債利回り上昇で特に銀行株が押し上げられた
A pedestrian carries an umbrella while walking along Wall Street near the New York Stock Exchange.
Photographer: Michael Nagle/Bloomberg

S&P500種金融株指数は12日、終値ベースで2007年2月に付けた従来の最高値を上回り、過去最高値を更新した。07年2月当時の最高値更新後は、2年足らずの間に80%余り下落していた。

  銀行・証券・保険株で構成されるS&P500金融株指数は、最高値の更新に13年近くを要し、09年3月6日の安値から6倍余りの値上がりが必要だった。S&P500種株価指数の業種別指数の中で、08年前後の金融危機時の下げを埋める最後の指数となった。

Financial shares briefly top 2007 record

  トランプ政権が中国と貿易合意に至るとの楽観的見方から、12日の米株式相場は上昇。リスクオンムードを受けて債券相場が5週間ぶり大幅下落となり、10年債利回りが上昇したことで、特に銀行株が押し上げられた。

Banks' representation in the S&P 500 has dwindled

原題:
It Took 13 Years for the Crisis to End in U.S. Financial Stocks(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE