コンテンツにスキップする

ハーツとエイビス株下落、リフトが加州でレンタカーサービス試験運用

  • ロサンゼルスとサンフランシスコでレンタカーサービス試行とリフト
  • ハーツは4.8%安、エイビスは4.4%安で終了-共に一時の上げ消す

配車サービスの米リフトは12日、ロサンゼルスとサンフランシスコでレンタカーサービスの試験的運用を行っていると明らかにした。発表後、同社の株価に影響はほとんどなかったものの、米レンタカー会社ハーツ・グローバル・ホールディングスエイビス・バジェット・グループの株価は下げに転じた。

Lyft news drags on Hertz, Avis

  ハーツやエイビスなどのレンタカー会社は、数年前にはリフトやウーバー・テクノロジーズの台頭で存在意義に疑問が生じていたが、最近はそうした配車サービス会社のドライバーに車を提供することで恩恵を受けている。エイビスは2017年初めにウーバーと正式なパートナーシップ契約を結び、リフトとも昨年提携した。

  ジェフリーズのアナリスト、ハムザ・マザリ氏はレンタカー事業用の車と店舗の巨大なネットワーク構築には費用がかかり、それを迅速に行う財務力はリフトにないとして、ハーツとエイビスは当面安心だろうと指摘。「反応は行き過ぎだと考える」と電話取材で語った。同氏はエイビスの投資判断を「買い」、ハーツを「ホールド」としている。

  ハーツとエイビスの担当者にコメントを求めたが、すぐには返答はなかった。リフトの発表後、両社の株価は下落に転じ、ハーツは4.8%安、エイビスは4.4%安でそれぞれ引けた。

原題:Lyft Starts California Car-Rental Service in Blow to Hertz, Avis(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE