コンテンツにスキップする

トランプ大統領が第1段階の米中合意承認、関税回避へ

更新日時
  • 15日に発動予定だった対中関税引き上げ、見送られる方向に
  • 合意案には中国による米国産農産物購入拡大の約束盛り込む

トランプ米大統領は12日、中国との第1段階の貿易合意を承認した。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。15日に中国からの輸入品約1600億ドル(約17兆5100億円)相当に対して発動予定だった関税引き上げは、合意の一環として見送られる。

  計画に詳しい複数の関係者は、米東部時間13日に貿易合意について発表が行われる見通しだと述べた。

  関係者によれば、通商担当顧問がトランプ大統領に提示した合意案には、中国による米国産農産物購入拡大の約束が盛り込まれた。当局者は既存の対中関税を引き下げる可能性も議論した。条件では一致したが、法的文書はまだまとまっていないという。ホワイトハウスの報道官はコメントを控えた。

President Trump Speaks At White House Summit On Child Care And Paid Leave

トランプ大統領(12月12日)

Photographer: Zach Gibson/Bloomberg

  トランプ政権は合意発表の際に支持表明を行うよう政権支持の議員や経済界に働き掛けたという。大統領は通商担当顧問との会合に先立ち、米大企業の経営者団体ビジネス・ラウンドテーブルのメンバーと話した。

  12日の米株式相場は、米中合意への期待感から上昇。トランプ大統領はこの日の早い段階で、米中は「大きな」貿易取引の合意署名に「非常に近い」とツイートしていた。

  1年8カ月にわたる米中通商対立で米国は中国製品約2500億ドル相当に25%、1100億円相当に15%の追加関税をそれぞれ課した。現在の協議の焦点は、トランプ大統領が約9週間前に発表した暫定合意の一環としてこれらの税率を最大50%引き下げることだという。

  第1段階の合意には、中国による農産物購入拡大の見返りとしての関税引き下げに加え、知的財産権侵害防止策を強化する中国のコミットメントや、為替操作をしないという双方の一致した見解も盛り込まれると当局者は話している。

原題:Trump Approves U.S.-China Trade Deal to Halt Dec. 15 Tariffs (3)、U.S. TO ANNOUNCE TRADE DEAL IN WASHINGTON FRIDAY: SOURCES(抜粋)

(13日発表の見通しについて見出しを変更するとともに本文2段落目を加え更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE