コンテンツにスキップする

オラクルの9-11月期売上高、市場予想に届かず-ソフト需要低調

米オラクルが12日発表した9-11月(第2四半期)決算では売上高がウォール街の予想に届かなかった。ソフトウエア需要が引き続き弱く、クラウドコンピューティングへの移行が一様でないことを浮き彫りにした。

  発表資料によると、9-11月期の売上高は96億1000万ドル(約1兆500億円)と、前年同期比で1%弱の増加にとどまった。ブルームバーグが集計したアナリスト予想平均は96億5000万ドル。1株利益は一部項目を除いたベースで90セントで、アナリスト予想平均は88セントだった。

  オラクル株は12日の時間外取引で一時2%下落。ニューヨーク市場での通常取引終値は56.47ドル。

原題:
Oracle Reports Sales That Miss Estimates on Flagging Licenses(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE